カレンダー

2018/07
    
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

杖ゲット

by 唐草 [2019/04/20]



 ようやく腰も良くなってきた。昨日までの腰は。折れた棒をテープで巻いて使っているような心許なさがあった。でも、今日は違う。ゆっくりで丁寧な動きを心掛ければ、危険な痛みが走ることはなくなった。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

ぎっくりの正体

by 唐草 [2019/04/19]



 完治するまで続ける予定のぎっくり腰日記。残念なことに今日もまだ続く。とは言え、だいぶ回復してきている。今日は、コルセット、湿布、痛み止めの対処療法三点セットから開放された。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

コルセット

by 唐草 [2019/04/18]



 ぎっくり腰は、まだまだ油断ならない状態が続いている。20年来のぎっくり腰経験を最大限に活かして巧みに振る舞っているので、ぎこちない動きながらもギリギリのラインで日常生活を送れている。これは、ひとえにコルセットを活用できているおかげである。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

腰痛スペシャル

by 唐草 [2019/04/17]



 ぎっくり腰が痛くて今日もPCの椅子に座れない。書き溜めたネタがあるのに取り出せないというこの悲しさ。と書いてみたものの、実はウソだ。腰が痛いのは紛れもない事実だが、ぎっくり腰をネタにしてやろうとしたたかに考えている。ぼくは転んでもただでは起きないのだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

作者急病(腰)のお知らせ

by 唐草 [2019/04/16]



 昨晩、猫エサの袋を手に取って椅子に置いた瞬間に腰がいってしまった。数年ぶりの本格的なぎっくり腰である。腰の爆弾大爆発ってところ。
 長年の経験が、瞬時に腰をやってしまったことを理解した。マンガやアニメの表現のようにグギッと音がするわけでもない。それでもぼくには分かるんだ。取り返せない事故が起きてしまったことを。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

5MBで何ができる?

by 唐草 [2019/04/15]



 親指の爪ぐらいのサイズのmicro SDカードが512GBもの莫大な容量のある時代となった。これは一昔前のハードディスクと同じ容量だ。10年前なら一生使い尽くせない程の容量だと思えたかもしれないが、2019年の感覚だと無限の広がりは感じられない。記録メディアの容量拡大スピードを上回る勢いで写真や画像、そしてアプリの容量が肥大化しているからだ。8GBのUSBメモリなんて、今では20世紀末のフロッピーディスクのように窮屈な容量でしかない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

吸排気が嫌い

by 唐草 [2019/04/14]



 自分で言うと意識高そうな感じに聞こえてしまうのであまり大っぴらには言っていないが、ぼくは整理整頓が好きだ。PCのデスクトップには縦1列分のアイコンしか置かないし、使った文房具は定位置に戻さないと気が済まない。仕事が終わったら必ず片づけをする。だからと言って、ぼくの部屋やデスクの上がインテリア雑誌のように美しいかと言えばそうではない。崩れそうなほどに積まれた書類の束が置かれているわけでもないが、ベッドメイク後のホテルの部屋のように整然としているわけでもない。どちらかと言えば、雑然とした印象を受ける人の方が多いかもしれない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

オイルを片手に

by 唐草 [2019/04/13]



 優柔不断で他人の意見にすぐ流されるぼくだけど、自転車が好きだという意見だけはブレることなく一貫して主張し続けている。
 では、自転車の何が好きなのか?
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

見えないのに既視感

by 唐草 [2019/04/12]



 数日前に正式発表されたブラックホール観測成功のニュースは、大いに世間を驚かせた。光すら吸い込み絶対に目視できないものを観測できたという矛盾していそうな発表にはロマンを感じてしまう。また、世界中の電波望遠鏡連動させて巨大望遠鏡として観測をするというのは完全にSFの世界の話にしか聞こえない。ぼくもなんかすごそうだと思っているが、実際のところそこまで驚けていない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

四月の雪

by 唐草 [2019/04/11]



 昨日は、とても桜が満開を迎えた季節とは信じられないほど寒かった。ぼくが仕事をしている9階の窓からは、風に舞う桜吹雪ではなく、ふわふわとした雪がハラハラと舞っているのが見えた。さすが山の中の職場である。なお、1階に降りて外に出てみると空から落ちてくるのは雪ではなく雨粒だった。30m程度の差ではあるが、地上付近のほうがまだ温かいということだろう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。