カレンダー

2018/06
     
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

読書の秋です

by 唐草 [2018/09/24]



 「秋」と言うとみなさんは何を連想するだろうか?食欲の秋、読書の秋、運動の秋、あとは行楽の秋とかがメジャーな「〇〇の秋」シリーズだろう。
 そう言えば最近、「〇〇の秋」という言葉をあまり耳にしていないような気がする。ぼくが小学生だった頃なんかは、ニュース番組の一コーナーで「食欲の秋!松茸を食べよう」とか「行楽の秋!今話題の〇〇へ行こう」とひっきりなしに騒いでいた。今の感覚からするとメディアが視聴者を消費行動へと煽っていたとも言える。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

治った瞬間

by 唐草 [2018/09/23]



 先週の木曜日ぐらいから季節が一気に進んで秋が深まったような気温の日が続いていた。ここ数年、秋というのは何の予告もなく唐突にやってくる季節に変わってしまったように思える。「まだまだ暑いなぁ」とか言っていた次の日にはジャケットを羽織るような気温になっていたりする。心の準備も体の準備も整わないうちにガラリと季節が変わってしまう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

キルスイッチ

by 唐草 [2018/09/22]



 直面した瞬間は胃が痛くなるほど重大そうに見えたけれども、蓋を開けてみたら実にお粗末で笑ってしまうような原因だった。そんなベタな喜劇のようなことが起こり得るのか。それとも喜劇は、所詮フィクションでしか無いのか。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

10cm高い

by 唐草 [2018/09/21]



 昨日は、午後から雨が降った。注意深く天気予報を聞いていれば、まだ空から雨粒が落ちていなかった午前7時に家を出たとしても傘に手を伸ばしただろう。でも、目を開いているだけで脳はまだスヤスヤと寝ていたぼくに、気象予報士の声は届いていなかった。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

カロリーの取り方

by 唐草 [2018/09/20]



 ぼくは、友人らに「ハムスター」呼ばわりされている。見た目がハムスターのように丸っこく愛らしいからでも、食べ物で頬が膨れるほどの食欲を発揮しているからでもない。むしろその逆だ。食が細く小さな齧歯目と同じぐらいの量しか食べないから「ハムスター」と呼ばれている。もしかしたら彼らは、心のどこかでぼくのことを「部屋の隅っこがお似合いだ」と思っている可能性は否定できないし、事実ぼくは部屋の隅っこが好きだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

再発!student打てない病

by 唐草 [2018/09/19]



 ぼくは、教育機関向けのソフトウェアの開発を請け負うことが多い。開発の多くは、特定の授業に特化したソフトウェア。こう言うと凄そうに感じられるが、裏を返すと汎用性ゼロとも言える。コードの再利用が難しい案件なので、会社だとやりたがらない仕事なのかもしれない。だから、ぼくのとこに案件が転がり込んでくるのだろう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

もう12かよ

by 唐草 [2018/09/18]



 ぼくは、最新のOSとかβ版のソフトとかが大好きだ。その理由は「最新のものに触れられている充実感」というありふれた喜びでしか無い。iPhoneの発売を列をなして待っている人々のことを冷めた目で見て鼻で笑っているぼくだって、結局は新しもの好きなのである。ただ、彼らとは相容れない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

尻が痛い

by 唐草 [2018/09/17]



 尻が痛い。今日の午後からずっと痛い。より正確さを持って言うのであれば臀部が痛いと言うべきだろう。ただ単に尻と言っただけでは、範囲が広すぎる。もし、この先の話題を尻の穴だと思って読むとより悲壮感のある内容になってしまうかもしれない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

食パンの法則が乱れる

by 唐草 [2018/09/16]



 だいぶ前の記事に「ブドウパンのレーズンの量が減ったように見える」というケチくさい記事を書いた。パン屋の企業努力に対して「消費者を欺く陰湿な実質値上げだ!」とか声を荒げたものだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

伝統の定番ネタ

by 唐草 [2018/09/15]



 今日、ダラダラとtwitterで話題になっているツイートまとめを見ていたら、既視感のあるツイートが目に止まった。それは「メールの署名欄に記号でモールス信号を書いて仕事の愚痴をやり取りした」というようなことをtwitter受けの良さそうな文体と装飾語で140字にまとめたものだった。「いいね」のために頭をフル回転させて書いたような、いいかにも拡散しそうな魅力的なツイートだった。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。