カレンダー

2018/05
  
  
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

卒業証明をゲットせよ

by 唐草 [2018/06/19]



 ぼくの経歴は、極めて胡散臭い。自分の履歴書的なものを作っているとぼく自身でさえ嘘を盛り込んでいるような気分になってくる。多くの人が自身の実力でキャリアを切り開いてきているのに対して、ぼくは完全に運だけで生きている。ゲーム的に言うならラック全振りタイプの人間だ。力も素早さも賢さも何もない。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

大阪での地震

by 唐草 [2018/06/18]



 やっぱり地震なんていつどこで起きるかなんてサッパリ分からないものだと思い知らされた。
 先日から千葉沖がスロースリップなる現象を起こして千葉での地震が続いていた。震度5クラスの地震が起きるかもしれないという可能性が示されていたので、地理的に近いのでいつもよりちょっとだけ揺れに敏感になっていた。おかげで、近所で行われている水道工事の揺れに何度も驚かされるハメになっていた。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

24時間違法放送

by 唐草 [2018/06/17]



 日本時間の昨日の夕方から世界三大自動車レースのひとつである「ル・マン24時間耐久レース」が開催されていた。モータースポーツ好きとしては、外せないビッグイベントである。24時間張り付いているようなことはできないけれど、数時間ごとに順位の確認とかをしたくなってしまう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

アンティなんとか

by 唐草 [2018/06/16]



 先日、とあるシステムの不具合を調査していた。発生条件を確認することすら困難な問題だった。ましてや原因なんて闇の中。実行環境に起因する問題なのか、それともソフトウェアのバージョンに起因する問題なのか、はたまたデータベース内のデータに起因する問題なのか?解決の糸口はどこにも無かった。原因追求のために取り得る手段はただひとつ。条件を変えたテスト環境をたくさん作って、泥臭くひとつずつ考えられる可能性を潰していくことだった。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

広告に見る凋落

by 唐草 [2018/06/15]



 今やWebは広告で溢れかえっている。このサイトも皆さんのクリックとビューで維持できている(と言うことにしておこう)。本当にありがたい。
 ぼくは広告からの収益を受け取る立場にもあるが、それは限定的な話に過ぎない。ネットを使う時間の大半は、多くの人と同じように広告を見る側の人間である。様々な広告を見て、時に自発的に、まれに偶発的にクリックをすることで別の誰かからのサービスを影ながら支えている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

緩いパスワードを使いたい

by 唐草 [2018/06/14]



 世界で一番人気のパスワードは、"password"だという統計を目にしたことがある。こういう報告を見ると考えることは皆同じなんだなと痛感できる。
 セキュリティーのためにパスワードが必要だというのは理解している。恩恵にもあずかっている。それでもパスワードは面倒だという感覚が付きまとう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

艶のある紐

by 唐草 [2018/06/13]



 ちょっと昨日の話をさせてもらおう。日記としては禁じ手かもしれないが、火曜の記事を用意した後におもしろい事が起きてしまったので仕方がない。
 火曜日は比較的暇なことが多いので、可能な限り散歩に出て体を動かすように心がけている。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

英会話を学ぼう2018

by 唐草 [2018/06/12]



 昨日から様々な発表が行われているアメリカのゲームショウであるE3。アメリカ最大のゲームイベントであると同時に世界最大のゲームイベントでもある。E3と比べると東京ゲームショウなんて地方の小さなイベントにしか見えなくなってしまう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

スイートロールの新作たち

by 唐草 [2018/06/11]



 アメリカのゲーム開発スタジオ『Bethesda』のファンは、早朝から大忙しだったはずだ。仕事がなければぼくだってあの大騒ぎに参加して、プレゼンターの一言ごとにリアルタイムで手のひらを返していただろう。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。

たぶん体の中は緑色

by 唐草 [2018/06/10]



 昨晩、山ほどパクチーを食べてきた。重量にすると何グラムぐらいになったのだろう?500gは軽く越えていそう。食事を終えたぼくの胃袋は、緑色の草で限界まで膨らんでいたはずだ。
...
 
続きを読むには「全文を読む」をクリックしてください。