カレンダー

2024/04
 
    
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

コロッケにかけるのは

by 唐草 [2024/04/06]



 目玉焼きに何をかけて食べるのかは、かなり意見が分かれる。しょうゆ派が優勢だが、ソース派が僅差に迫っているという状態が長年続いている。ぼくはしょう油かソースを選べと言われたらしょうゆを選ぶが、普段は塩コショウが多い。
 調味料を巡る論争は、目玉焼きが最も有名かもしれないが他にもある。トンカツも意外と意見が割れる食べ物のようだ。トンカツと言えばソースのイメージが圧倒的に強いが、塩派も多いし、しょうゆ派も少なくない。
 目玉焼きやトンカツ以上に調味料が割れるのはアジフライという話もある。アジフライでも主流派はソースだが、それに続くものは群雄割拠の様を呈していることを示す調査結果を見たことがある。しょうゆ、タルタルソース、レモンなどバリエーション豊かな様々な調味料がズラッと並んでいた。
 同じ揚げ物でも、コロッケではこのような議論を聞いたことがない。皆、コロッケにかけるものは法で1つに定められているかのようにソースを選ぶ。確かにジャガイモのコロッケとソースの相性は抜群だ。でも、盲目的に「コロッケはソースで食べるもの」と思いこんでいて、他の可能性に気づいていないだけかもしれない。
 コロッケなんてものは、美味しさを実現するための行程を無視すれば、とどのつまりジャガイモを揚げた料理だ。フライドポテトの親戚と言えなくもない。
 さて、フライドポテトに合う調味料と言えば何が思い浮かぶだろうか?
 おそらく多くの人が塩かトマトケチャップと答えるだろう(イギリスかぶれはビネガーと言うかもしれない)。
 でも、塩もケチャップも同じ揚げ芋料理のコロッケにかけることは一般的でない。とは言え、食材と調理方法を考えれば塩もケチャップもフライドポテトの遠縁の親戚であるコロッケとの相性はよさそうに思える。
 実は以前にコロッケを塩で試したことがある。芋の甘味を感じられて美味しかったが、ザクザクの衣のせいで塩の絡まりが悪く味にムラが出てイマイチだった。でも、ケチャップなら万事うまくいきそう。
 コロッケにはソース。そんな凝り固まった常識を打ち破るためにぼくはケチャップを手に取るつもりだ。