カレンダー

2021/09
   
  
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

1日2回まで

by 唐草 [2024/02/20]



 オンラインゲームには季節限定イベントがつきものだ。商魂たくましいスーパーマーケットと同じようにお正月からクリスマスまでありとあらゆるイベントをゲームに盛り込んでくる。
 それは核戦争で崩壊した世界という設定の『Fallout 76』でも同じ。季節をテーマにしたイベントがいくつか収録されている。その年限りの小さなイベントもあれば、毎年開催している恒例のイベントまで色々ある。
 現在は、冬将軍を退治して春を迎える「ファスナハト」が開催中。これはドイツ系文化で現実にある祭。ゲームにも登場するドイツ系移民が作った村で行われる祭をゲームで再現したものになる。
 イベントは仮装して村を練り歩き、最後にキャンプファイアのような大きなたき火に火をつけるだけ。ゲームでは多少のバトル要素があるが、あくまで現実の仮装パレードを模しているのでレベル一桁の初心者からレベル五桁の上級者まで楽しめる。
 このイベントの開催期間は2週間。毎時00分に開催される。クリアすると5%の確率でレア装備をもらえる。見た目だけの装備なのでバトル要素には一切関係しないが、多くのプレーヤーがレアをゲットしようと血眼になってパレードを練り歩いているようだ。平和なイベントと参加するゲーマーの落差を想像すると笑ってしまう。
 かく言うぼくも、去年までは血眼になっていたひとり。時計をチラチラ見ながら仕事をして時間になったらログインという生活を繰り返していた。外出中はリモートプレーで参加するぐらいに入れ込んでいた。時計に支配された2週間だった。おそらく2週間で80回近くパレードに参加したはず。
 流石にここまでやるとイベントが苦痛になる。レアが揃えば苦痛も報われたのかもしれないが、成果は一昨年と同じものが1個出ただけ。惨敗としか言えない散々な結果だ。
 これは健全なゲームの楽しみ方ではない。という訳で、今年は考えを改めた。もうレアを揃えるのは諦めた。そして、イベント参加は時間があったとしても1日2回までと定めた。
 回数を減らしたのでレアは出ていない。でも、毎日楽しくパレードに参加できている。この健全さが最大の収穫。