カレンダー

2022/01
      
     

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

呪術的な体操

by 唐草 [2023/11/26]



 PC関連のおもしろアイテムを探していたら黒い介護ベッドみたいなものを見つけた。
 メーカー名で検索すると、黒くした商品になんでもゲーミングとつけて売っている会社だった。介護ベッドだって黒くすれば寝たまま遊べるゲーミングベッドに早変わりだ。
 ベッドだけでなく椅子も扱っている。椅子には介護用品的なものはなく、他でも見たことあるような背の高いゲーミングチェアが並んでいた。椅子の特徴は、首と腰のクッション位置を調整できることだった。それにより猫背を予防できると謳っていた。
 背筋弱々で万年猫背のぼくにはぐっと来る謳い文句だ。購入候補に挙げても良いかもと思ってしまった。実にチョロい。
 椅子のページをスクロールすると猫背に関するコラムが掲載されていた。スマホによるストレートネックの話題だ。それに目新しさはない。
 ところが、その次の展開にぼくの目は釘付けとなった。
 普通、ストレートネック予防にこの椅子を買いましょうという流れになる。だが、現れたのは購入ボタンではなく、猫背予防ストレッチだった。
 椅子も重要だが、同じぐらいストレッチも重要だと書かれている。裏を返せば、椅子だけで猫背を完全に防ぐことはできないのだろう。
 猫背を気にしているぼくは、部屋に自分しかいないことを確かめると早速ストレッチを実践した。猫背が絡むとぼくは本当にチョロい。
 指示に従って腕を伸ばしたり、肘を直角に曲げて呪術的なポーズを決める。座ってできるヨガのようなものだが、馴染みのないポーズを見られたらちょっと恥ずかしい。
 最後の肩を広げるポーズは、ぼくの凝り固まった筋肉を大いに攻める。肩がギチギチと音を立てて軋みそうだ。
 ストレッチを終えると肩が軽くなった気がする。
 改めてゲーミングチェアを見る。黒一色の椅子は重く見えるし、素材も安っぽい。部屋に置きたい椅子ではない。ストレッチは血の巡りを良くして冷静な判断を助けてくれた。
 椅子は買わないし、介護用品みたいなベッドもいらない。でも、猫背予防ストレッチだけは続けたい。
 ぼくが見ていたのは本当にゲーミングインテリア販売のWebだったのだろうか?