カレンダー

2022/12
    
78910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

賢い買い物

by 唐草 [2022/01/12]



 Zoomなんかでビデオチャットする際の悩みはカメラの位置。
 ぼくのPCでカメラを搭載しているのは、小さなノートPCだけ。机に置いて通話を始めると画面に映るのは、鼻毛が見えそうなほどに鼻の穴を覗き込む角度の顔。小型ノートPCなのでカメラ位置も自ずと低くなってしまう。それで座高の高いぼくを映せば下から覗き込むようなローアングルになる。いったい誰がぼくの鼻毛を見たいのだ。そんな映像が流れば参加者全員が不愉快な気分になる。
 この鼻の穴問題を解決するには、鼻毛を切るだけではダメ。カメラ位置を調整して真正面から、つまり自分ではキマっていると信じている角度で顔を写すことが必要。
 ぼくは机に木製の台を置いて、その上にノートPCを置くことでカメラの高さを稼いだ。おかげでビデオチャットのたびにぼくの机は、キーボードすらまともに打てないような大混乱に陥っていた。とにかく台がジャマだし、重いので設置も片付けも一苦労。こんなことをオンライン会議のたびにやるのはバカげている。いい加減イヤになってきた。
 そこでノートPC台を買おうと考えた。Amazonには様々な台が売られている。ぼくと同じことを考えている人は少なくないようだ。だが、ノートPCの高さを稼ぐため3,000円ぐらい出費するのもバカげているように思えた。だから、たくさんの似たような台を比較したのに購入に踏み切れないでいた。
 そんな折に新しいデスクトップPCが完成した。ゲーム専用PCだが、ビデオ通話ができたら便利だな。そう思ったとき、新たなソリューションを閃いた。
 ノートPCの高さを稼ぐのではなく、高い位置に別のWebカメラを置けばいい。逆転の発想だ。
 すぐさまWebカメラを検索。値段はピンきりだが、3,000円ぐらいの商品で十分そう。さっそくカメラを購入。これでノートでもデスクトップでも同じようにベストアングルでぼくの顔を写せるようになった。
 折りたためる金属片に3,000円を出すより、いろいろ使えるWebカメラに3,000円出す方がずっと有意義。この買物は賢い買い物の自信がある。