カレンダー

2020/07
   
11
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

空きチャンネル

by 唐草 [2020/04/01]



 テレビのチャンネルが、なくなるというのは滅多にないショッキングな出来事だ。Youtubeのチャンネルが消えるのとは訳が違う。自分がよく視聴していたチャンネルが消えるというのは初めての経験だった。
 4/1の午前0時をもってBSのD-LifeとFOXスポーツの2つのチャンネルが放送を停止した。どちらもチャンネル番号が200番台のアクセスしにくいマイナーなBSチャンネル。それでもBS放送電波帯に2局分の空きができたことには変わりない。
 ぼくは海外ドラマの吹替版を無料で放送してくれていたD-Lifeをよく見ていた。毎回3桁のチャンネル番号を入力するのが面倒なので、リモコンの設定変更だってした。その結果、我が家では有料のスターチャンネルが割り振られているBS10チャンネルがD-Lifeになっていた。
 我が家では、D-LifeがNHKについで2番目に視聴が多かったチャンネルだろう。NHKの視聴時間だって総合とBSプレミアムを合わせてなので、単一チャンネルだったらD-Lifeが一番だった可能性すらある。イギリスBBCのブリティッシュベイクオフ』を見るために視聴を始めたチャンネルなので視聴歴はとても短い。放送局の歴史を考えれば、最後を看取るためだけに視聴していたようなものだ。
 それでも、我が家の重要なチャンネルだったことに違いはない。
 チャンネル停止が決まった後の放送、つまり2020年になってからの放送はひどかった。NHKもびっくりするような再放送に次ぐ再放送。新番組なんて殆どなかった。スポンサー企業も激減してCMはリピート再生状態。おかげでエイブルへのヘイトが溜まってしまった。
 それでも「このドラマ懐かしいじゃん」とか言いながら、ダラダラ見ていたものだった。だが、もう何の番組も流れていない。
 停波の理由は、D-Lifeの親会社である(同時にFOXの親会社でもある)ディズニーの放送事業再編にあるらしい。主要な放送事業をネット配信へ移行するので、もう放送事業者としての権利を有している必要が薄れたということなのだろう。
 まさに時代の変化がもたらしたチャンネル閉鎖である。この先、BSやCSのチャンネルはドンドン減っていくのだろう。それどころか地上波さえも油断はできないのかもしれない。だって見たい番組全然ないもんね。