カレンダー

2019/10
  
1516171819
20212223242526
2728293031  
       

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

ラズベリー

by 唐草 [2019/08/17]



 台風が去ったら猛暑が帰ってきた。台風一過という言葉は「台風の後はよく晴れる」という意味である。でもここ数年、台風が去っても抜けるような青空がやってこない。代わりにやってっくるのが、南からの熱波がもたらす猛暑日だ。あと数年もすれば台風一過の意味が変わっているかも知れない。
 猛暑日になるとぼくは自分の体よりもサーバのことばかり心配している。排気音のせいで物置に置かれているサーバは、今日も37℃近い室温の中で扇風機だけを頼りに稼働している。内部温度を確認するとCPUが48℃で、ハードディスクが40℃となっていた。ギリギリ許容範囲ではあるが、心配になる温度でもある。もう気温に振り回されるのはうんざりである。
 この状況にただ手をこまねいているぼくではない。解決の糸口となる別のアプローチを考えていた。
 ぼくに必要なのは、発熱しないPCか音のしないPCのどちらかである。発熱しない省エネPCなら冷却のことを考えなくていい。音のしない静音PCなら冷房の効いた自室に設置できる。こんな絵に描いた餅のようなPCなんてあるんだろうか?
 そんな都合のいい話なんてあるわけない。諦めかけたそのときだった。片方の条件でなく両方の条件を満たしたPCの存在を思い出した。
 それがRaspberry Pi 4だ。
 組み込み機器開発用の手のひらサイズの1ボードPCであるRaspberry Pi。ファンもディスクも付いていないので音もしない。組み込み機器としてパッケージできるので省エネで発熱も小さい。ぼくの理想が全部詰まった製品である。
 これまでのモデルは、ちょっとしたハイテク玩具を制御するのに必要な最小限の性能を持っているだけだった。でも、今年の6月ぐらいに発売された最新モデルはデスクトップPCになる得ると言われる性能にパワーアップしている。最上位モデルを買えば、我が家のサーバの代用ぐらいはできそうだった。
 これは買いだ!
 そう思って検索をしたのだが、最新モデルを扱っている代理店もなければ、発売元のサイトを見ても日本出荷をしていなかった。古いモデルは売っているのに!なぜだ!買おうと思ったおもちゃが、するりと指の間からこぼれ落ちていった。
 原因は、技適審査にあるそうだ。Wi-Fiを積んでいるので技適審査に合格しないと国内持ち込みができないらしい。なんてこった。ぼくはWi-Fiなんて使わないのに。