カレンダー

2021/01
     
181920212223
24252627282930
31      

広告

Twitter

記事検索

ランダムボタン

手袋ボロボロ

by 唐草 [2018/06/22]



 今乗っているクロスバイクは、後輪だけにギアの付いた8段変速のシンプルな自転車だ。車輪は24インチなのでミニベロという程には小さくないが、街乗りするには扱いやすいサイズである。
 概ね満足しているのだが、ひとつだけぼくを悩ませていることがある。
 それがシフターだ。ギアを切り替えるレバーのことである。
 自転車のギアを切り替えるための機構は、何種類かある。スポーツタイプの自転車で広く普及しているのは、ラピッドファイアーと呼ばれる2本の変速レバーのある機構。ぼくが長年乗っていたマウンテンバイクもこの機構を採用していた。ハンドルにしっかり体重をかけたままでも指先だけを動かすことで1段1段確実に変速できる使いやすい機構である。
 それに対して今乗っているクロスバイクのシフターは、グリップシフトである。グリップの根元を回すことで変速できる。見た目がシンプルな点はとてもいいのだが、シフターとしての使い勝手はイマイチである。変速するために手首を動かす必要があるので、変速する瞬間はしっかりとハンドルを握ることができない。だから、高速走行時に変速すると姿勢が少し不安定になる。また、段差などを越えた時に強い衝撃が手に伝わるとその勢いで意図せぬ変速をしてしまうことがある。
 競技向けのラピッドファイアーに比べるとグリップシフトは、街乗りの簡易機構だということだ。
 だが、それを理解していても我慢できないことがある。
 変速の度にハンドルを握った手を回すので手のひらへの摩擦が大きいことだ。ぼくは、自転車に乗る時はオールシーズン手袋をしている。グリップシフトの自転車に乗るようになってから、手袋がドンドンダメになっていく。前は、5年ぐらい使えていた手袋が2シーズンでダメになる。今使っている夏用手袋にも穴が開いてしまった。
 このペースで次々に手袋を買い替えていくのもコスト的にバカにならない。いっそのことシフターを交換した方が、結果として安く付くかもしれない。